山梨の花

やまなしのはな
晩春
棠梨の花/聖霊梨の花/鹿梨の花

山梨はバラ科ナシ属の落葉高木で日本各地の山地に自生する。四月ころ、枝先に花径四センチほどの白い五弁の花を散房状につける。秋に直径七センチほどの実をつけるが、果肉は固く、生食には適さない。

コメントは受け付けていません。