榧の花

かやのはな
晩春

【解説】
榧はイチイ科カヤ属の常緑高木。本州、四国、九州の山地に自生し、高さは三十メートルにもなる。四月ころ開花する。雄花は黄色の楕円形、雌花は緑色で目立たない。
【科学的見解】
榧(カヤ)は、山地や丘陵地に自生する野生植物であるが、人里周辺、特に神社などによく植栽されている。葉は線形で短く、先端部が尖っているため、触ると痛い。近縁の変種として、チャボガヤやヒダリマキガヤなどが存在する。(藤吉正明記)

月洩るや榧の花散る土手の上
大江丸「発句題叢」

コメントは受け付けていません。