黒文字の花

くろもじのはな
初春

黒文字はクスノキ科クロモジ属の落葉低木。本州、四国、九州の山地に自生し、高さは五、六メートルになる。楕円形の葉は枝先に集まる。三月ころ、葉と同時に小枝の節に散形花序を出し、淡黄緑色の小さな花をたくさんつける。芳香のある木なので楊枝などの材料になる。

コメントは受け付けていません。