楮の花

楮の花/こうぞのはな/かうぞのはな
晩春
かぞの花/かずの花/こぞの木の花/かみの木の花
楮はクワ科コウゾ属の落葉高木。本州、四国、九州の山地に自生し、高さは五メートルくらいになる。樹皮は硬く、和紙製造のために栽培もされる。雌雄同株。四月ころ葉と同時に花をつける。雌花は赤い球形、雌花の下につく雄花は球形の淡黄色。
楮咲く花のゆかりや国栖の里
鳥波「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。