蚊母樹の花

いすのきのはな
晩春
むしくさの花/まさかきの花/瓢木の花/ゆすのきの花
【解説】
蚊母樹はマンサク科イスノキ属の常緑高木。日本の暖地の山地に自生し、高さは二十五メートルにもなる。先のとがった楕円の葉は互生し、長さは七センチくらい。四月ころ葉腋に総状花序を出す。花序の基部には雄花、先の方には両生花がつく。雄しべの葯は深紅色。
【科学的見解】
蚊母樹(イスノキ)は、本州(関東南部以西)から沖縄の常緑樹林内に生育する常緑高木であるが、西日本の暖地では生垣や街路樹としても利用されている。葉にできる虫こぶは大きく膨らみ、笛として遊びに利用されていた。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。