へご

へご
三春
蛇木

【解説】
ヘゴ科ヘゴ属の木性シダ類の亜熱帯性植物。日本では南西諸島、小笠原諸島、八丈島、紀伊半島南部、四国南西部、九州南部などに自生する。高さは三メートルから八メートルくらい。枝の上部に羽状の葉を大きく茂らせる。春、新芽が出るころが美しい。
【科学的見解】
へごの仲間は、複数存在し、三メートル以上の大型になる種としては、ヘゴ、エダウチヘゴ、マルハチ、ヒカゲヘゴ、メヘゴなどが挙げられる。マルハチは、葉の取れた痕を逆さに見ると、円の中に八の字が書かれているように見えるため、この名が付いた。
(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。