纈草

纈草/かのこそう/かのこさう
晩春
鹿子草/はるをみなへし
オミナエシ科カノコソウ属の多年草。日本各地の湿った草地に自生する。丈は六十センチから七十センチくらい。茎葉は羽状複葉で対生する。四月ころ、おみなえしに似た淡紅色の花を咲かせる。花を上から見ると、鹿の子しぼりに見えることからこの名がある。

コメントは受け付けていません。