貝母の花

貝母の花/ばいものはな
仲春
編笠百合/母栗/春百合/初百合
ユリ科バイモ属の球根植物。中国中東部の草原などに自生する。鱗茎から出る茎は、五十センチから八十センチほどになる。広線形の先のとがった葉を持ち、三月から四月にかけて、上部の葉腋に鐘状の花を下向きにつける。色は緑を帯びた白。花径は三センチくらいである。
 

コメントは受け付けていません。