十四日年越

じゅうよっかとしこし/じふよつかとしこし
新年

十四日団子小正月(陰暦正月十五日)の前日十四日を年越しの日として祝うこと。餅花を作って祝ったり、団子や前年の初穂を農神に供えたりする。特に農村で大切にされた行事であった。

十四日年越の坊主おこしかな
籾山梓月「冬扇」

コメントは受け付けていません。