粥の木

かゆのき
新年
粥杖/福杖/粥木/粥箸/祝棒

小正月(陰暦正月十五日)の粥を炊く際に、粥をかきまわすのに用いられた棒のこと。粥箸、粥杖ともいう。年木で作った棒やこの粥を炊く御薪(みかまぎ)を削って作られた。年木の生長する力と小正月の粥の邪気を払う力が信じられ、これで女性の尻を打つと子供を授かるなどとされた。

粥杖に信連尻をうたせけり
蓼太「蓼太句集三編」

粥杖に逃げるふりしてうたれけり
三敲「類題発句集」

粥杖や御簾にほつるる鬢の髪
曾天「新類題発句集」

粥杖や梨壺の五人打はづし
羅川「五車反古」

粥杖や打たれてあらればしり迄 
完来「発句題叢」

粥杖の笑うて弱き力かな
吐月「発句類聚」

コメントは受け付けていません。