十五日粥

じゅうごにちがゆ/じふごにちがゆ
新年
小豆粥/望の粥/赤小豆粥祝ふ

小正月(陰暦正月十五日)の朝に炊かれる小豆粥のこと。十五日が「望の日」であることにちなんで餅が入れられることもあった。この粥に疫病や邪気を払う力があると信じられており、地方によっては、この粥の一部を残して、十八日に粥占(かゆうら)を行っていた。  

吾子が頬にしたたかつけぬ小豆粥
尾崎紅葉「紅葉句帳」

コメントは受け付けていません。