粥釣

粥釣/かゆつり
新年.
高知県で小正月に行われた風習。旧暦一月十四日に簑や笠、風呂敷などで顔や体を隠して神の化身に扮した若者たちが囃しながら家々をまわり床の間に飾られた白米や餅をもらい歩き翌朝それで粥を炊いた。現在はごく一部の地域で子供たちが家々をまわり餅や菓子をもらい歩く風習として残っている。

コメントは受け付けていません。