二十日祝

二十日祝/はつかいわい/はつかいはひ
新年
刃柄祝/鏡台祝/初顔祝/鏡の祝/鏡台祝ふ
正月の祝い納めとし、その年の豊作を祈って、正月二十日に赤飯や団子を食べて祝った。「二十日を祝う」と同音になることから、武家では「刃柄祝」(はつかいわい)と称して具足の鏡開きをした。女性は「初顔祝う」として鏡台に供えてあった鏡餅を下げて食べた。
鏡台を祝ふ難波のお山かな
松瀬青々「妻木」
伝へたる古鏡台も祝ひかな
松瀬青々「鳥の巣」
鏡台を祝ふや花の女形
岡本松浜「最新二万句」

コメントは受け付けていません。