大黒舞

大黒舞だいこくまい/だいこくまひ
新年
大黒廻し
室町時代から行われる正月の門付けのひとつ。面や頭巾で七福神の大黒に扮した者が、張り子の小槌を振りながら舞い、歌や祝い言を述べる。

舞ひ込んだ福大福と梅の花
一茶「七番日記」

はやし人の分別らしや大黒舞
白雄「新類題発句集」

駒鳥に大黒舞を見せうもの
遅月「発句題叢」

コメントは受け付けていません。