狐の子

狐の子/きつねのこ
三春
子狐
狐はイヌ科の哺乳類で、イヌに似た体型を持つ小動物である。冬に発情し、三月から四月にかけて、三頭から多いときで十頭もの子を産む。生まれたときの体色は黒っぽく、体重は百十グラムほどである。五ヶ月くらい親と一緒に暮らし、秋には親離れする。

コメントは受け付けていません。