小満

しょうまん/せうまん
初夏

二十四節気の一つ。陽暦で五月二十一日ごろ。万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来るという意味である。

コメントは受け付けていません。