暑き日

あつきひ
三夏
熱き日/暑き夜

夏の暑い日であり、暑い日照でもある。太陽の光がぎらぎらとして、燃え立つような一日である。

暑き日を海に入れたり最上川
芭蕉「奥の細道」

暑き日や竹に雀の往き来まで
千代女「松の声」

暑き日の木陰も見えず浜屋形
北枝「鶴来酒」

松一里帰路暑き日を荷ふかな
麦水「あけ烏」

暑き日や火の見櫓の人の貌
一茶「九番日記」

暑き夜や百姓町の真くらがり
村上鬼城「定本鬼城句集」

あつき夜をのゝしりいそぐ女かな
石橋秀野「桜濃く」

コメントは受け付けていません。