夏深し

なつふかし
晩夏
夏深む/夏さぶ/夏闌

夏の終わりの頃をいう。秋の訪れが間近に感じられ、しみじみとした思いにかられる。

闇よりも山大いなる晩夏かな
飯田龍太 「遅速」

コメントは受け付けていません。