秋を待つ

秋を待つ/あきをまつ
晩夏
秋待つ
夏の暑さから開放されるべく、秋の訪れを待ちわびる気持ち。
柿の木に秋まち顔の烏かな
北虎 「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。