鹿島踏歌祭

鹿島踏歌祭/かしまとうかまつり/かしまたうかまつり
新年
正月、常陸国鹿島神宮で行われていた神事。春めく大地を踏みしめて土地の精霊を鎮める。かつて宮中で行われた踏歌節会に由来する。踏歌とは足で地を踏みならし、拍子をとって歌う集団舞踊。豊年、繁栄を祈願した。

コメントは受け付けていません。