道祖神祭

道祖神祭/どうそじんまつり/だうそじんまつり
新年
賽の神祭/幸の神祭/道禄神祭/幸の神の勧進
小正月に東日本各地で行われる祭。道祖神信仰にもとづく。道祖神とは、外からくる悪疫や悪霊から村を守る神のことで、村落の入り口や道の分岐する場所などに祀られている。現在では、左義長と結びつけて行われているところが多く、地域によってさまざまな行事が行われる。

コメントは受け付けていません。