ひがい

ひがい/ひがひ
晩春
さくらばえ/ほやる
コイ科の淡水魚。琵琶湖特産の油魚皇が有名で、湖岸の岩礁や砂浜に生息。体長は十~十五センチ程度で細長く、短い髭がある。明治天皇が賞味し、ご用魚となったことから漢字を当てたという。骨は硬いが肉は美味。五月~六月、卵を二枚貝に産みつける。

コメントは受け付けていません。