簾貝

簾貝/すだれがい/すだれがひ
三春
マルスダレガイ科の二枚貝。楕円形の貝殻の長さは八センチ内外。淡褐色の殻の表面にすだれ状の輪脈があり、褐色の放射帯が四本走る。本州、四国、九州の浅海の砂底にすむ。食用となるが、褐色の肉は少し硬い。
すだれ貝雪の高浜見し人か
其角「五元集拾遺」

コメントは受け付けていません。