月日貝

月日貝/つきひがい/つきひうがひ
三春
イタヤガイ科の二枚貝。房総半島から九州にかけての砂泥底にすむ。円形で殻の長さは十一センチほど。殻の色が淡黄白色と赤褐色と左右異なることからこの名がついた。貝柱は美味しく、殻は細工物に利用する。

コメントは受け付けていません。