烏貝

からすがい/からすがひ
三春

日本の淡水産二枚貝のなかで最大種。泥深い湖沼の底に多い。殻の長さは二十~三十センチでカラスの羽のような光沢を持った黒色。貝細工やボタンの材料にはなるが、泥くさく、食用にはならない。

われからと雀はすゞめからす貝
其角「五元集拾遺」

埋木と共に掘られぬ烏貝
高田蝶衣「青垣山」

コメントは受け付けていません。