江鮭

あめのうお/あめのうを
仲秋
雨魚/あめ/あめご/あめうを/甘子/琵琶鱒

サケ科の魚で、ビワマスの別称。琵琶湖のみに生息する。成魚はサクラマスに似ており、体長は六十センチ、色は銀白色。産卵期には雌雄ともに赤や緑の婚姻色が現れる。秋の産卵期に入り、大雨の日に群れをなして川を遡上することから「雨の魚(アメノウオ)」と呼ばれる。刺身や揚げ物、塩焼きなどとサケやマスと同様に調理し、美味である。近年は琵琶湖のほか、諏訪湖や中禅寺湖にも移植され、また
人工孵化放流も行われる。

喰ひてけり猫一口のあめの魚
信徳「隠蓑」

月は山けふや近江のあめの魚
荷兮「あらの後集」

瀬田降つて志賀の夕日や江鮭
蕪村「蕪村句集」

あめ来るや普請半ばの川堤
召波「春泥発句集」

捨てるほどとれて又なし江鮭
几董「井華集」

コメントは受け付けていません。