このしろ

初秋
小鰭(こはだ)/つなし/しんこ/さつぱ

ニシン科の魚。体長は二十五センチほど。本州中部以南の沿岸に分布。腹部は銀白色、背面は暗青色で肩部に大きな黒斑がある。背鰭の後部が糸状に伸びているのが特徴的。河口域に侵入し産卵。二~三日で孵化し、満一年で成熟する。三年程度生きる。幼魚はジャコやシンコと呼ばれる。特に東京では十センチ程度の若魚を「コハダ」と呼び、寿司のネタにする。古来、武士は「コノシロ」が「此の城」に通じることから、食すことを避ける風習があった。

コメントは受け付けていません。