太刀魚

たちうお/たちうを
仲秋
たちの魚/帯魚/たち

タチウオ科の魚。体長は一.五メートル程度。主に北海道以南の暖海(特に瀬戸内海や朝鮮半島近海)に分布する。体に厚みがなく、著しく平たく細長い。その太刀状、リボン状がこの魚の特徴。粉状物質(グアミン)に覆われ、色は銀白色で美しい。このグアミンは模造真珠の光沢をつける原料として用いられる。淡白ではあるが深みのある味なので、刺身で食すのがよい。ほか、塩焼きや煮物も美味である。

たち魚の影やひらりと磯の波
無諍「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。