栗虫

くりむし
晩秋
栗の虫/栗のしぎ虫

栗の果実に害をもたらす幼虫の総称。主にはクリシギゾウムシの幼虫で、蛆に似ている。成虫が八~九月に栗の果実に産卵。幼虫は果実の中で成育するため果実を食い荒らしてしまう。また、いがの間から果実に食い入るクリオオシンクイガの幼虫も栗の害虫である。

コメントは受け付けていません。