きぎう

三秋
きぎ/きばち/ぎばち/ぎぎゆう

ギギ科の淡水魚。体長は二十五センチ~三十センチで見た目はナマズに似ている。口ひげが四対(計八本)ある。背鰭と胸鰭に毒性のある棘(しょく)があり、刺されると痛い。胸鰭の棘を用いて「ギーギー」と音を出すことからその名が付けられた。近畿地方以西の本州や四国、九州北東部の川に生息する。「ギバチ」は同じギギ科の淡水魚だが、「ギギ」より小さく、関東地方以北に生息する。いずれも夜行性で、昼間は石の下に潜んでいる。

コメントは受け付けていません。