蜂の仔

はちのこ
晩秋
地蜂焼/蜂の子飯

食用とする地蜂の子をいう。地中にある巣の入り口に花火などを仕掛け、蜂を仮死状態にして採取する。巣の中に子が多く詰まる秋に採る。採った蜂の子は、佃煮やてんぷらで食す。

コメントは受け付けていません。