太祗忌

たいぎき
仲秋
不夜庵忌

江戸中期の俳人、炭太祗の忌日。陰暦八月九日。京島原の妓楼桔梗屋主人呑獅の援護によって、遊郭内に不夜庵を結ぶ。京に住む七歳年下の蕪村とも親交が厚かった。人事句を得意とし、雅やかな句風である。明和八年(一七七一)に没した。明和八年(一七七一)六十歳で没した。

コメントは受け付けていません。