千代尼忌

ちよにき
晩秋
素園忌

俳人、加賀千代女の忌日。陰暦九月八日。加賀国松任の表具師の娘に生まれ、幼少のころから俳句をたしなむ。各務支考にその才を認められる。「朝顔に釣瓶とられてもらひ水」の作者として有名。安政四年(一七七五)七十三歳で没した。

コメントは受け付けていません。