みどり女忌

みどりじょき/みどりぢよき
仲秋

俳人、阿部みどり女の忌日。九月十日。札幌に生まれる。高浜虚子に師事し、女流俳句の創世期を担った一人である。昭和七年(一九三二)、東京で「駒草」を創刊主宰。昭和五十三年(一九七八)蛇笏賞を受賞した。おおらかで、豊かな句風である。昭和五十五年(一九八〇)九十三歳で没した。

コメントは受け付けていません。