新年(しんねん) 新年

【子季語】
年新た、新玉、年始、年立つ、年明く、年改まる、年来る、年迎ふ
【解説】
始まったばかりの年のこと。年の始め。一月、正月とほぼ重なる。新しい年神を迎えてさまざまの行事がある。

*

はる立つや新年ふるき米五升
芭蕉 「三冊子、蕉翁句集」

いぬとさるの世の中よかれ酉の年
芭蕉 「句解参考」

誰が聟ぞ歯朶に餅おふうしの年
芭蕉 「甲子吟行」

年たつや家中の禮は星づきよ
其角 「去来抄」

春たつや静に靏の一歩より
召波 「春泥句集」

年立や雨おちの石凹む迄?
一茶 「文政句帖」

花屋出て満月に年立ちにけり
渡辺 水巴 「渡辺水巴句集」

この星にまた新しき年起こる
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。