正月(しょうがつ、しやうがつ) 新年

【子季語】
祝月、元月、はつつき、初春月、初空月、正陽月、春正月、王春、開春、発歳、芳春、初節、王正、月正、天正、地正
【解説】
一年の一番初めの月、つまりいちがつのこと 。お正月と「お」をつけて呼ぶのはこの月だけ。松飾を立て、鏡餅を飾り、雑煮を食べて一年の無病息災を願う。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

膳立てもまだ正月の匂ひかな  
支考 「誹語曾我」

正月も身は泥のうなぎかな 
嵐雪 「其角歳且糠」

正月や霞にならぬうす曇
許六 「五老文集」

正月や皮足袋白き鍛冶の弟子
闌更 「半化坊発句集」

正月の顔に成りけり小職人
樗良 「題林集」

一酔に正月暮れし思ひかな
青木月斗 「昭和文学全集」

正月や皹の手洗ふねもごろに
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。