去年今年(こぞことし) 新年

【関連季語】
去年
【解説】
大晦日の一夜にして去年と今年が入れ替わること。きょねんといい、今年というのであるから、年がすでに改まった新年の季語。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。

*

雲横に去年の今年の花や空
鬼貫 「七車」

若水や流るるうちに去年ことし
千代女 「千代尼句集」

此うへの夢は覚えず去年ことし
鳳朗 「鳳朗発句集」

いそがしき妻も眠りぬ去年今年
日野草城 「人生の午後」

籠編むや籠に去年の目今年の目
久米三汀 「返り花」

去年今年袂にのこる紙の銭
石橋秀野 「桜濃く」

かすかにも胸いたみつつ去年今年
石田波郷「惜命」

ずたずたの大地に我ら去年今年
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。