初景色(はつげしき) 新年

【子季語】
初山河、初浅間、初赤城
【解説】
元日に眺める景色。日ごろ見慣れた景色も、正月を迎えた心で眺めれば、瑞祥に満ちて特に美しく見えるものである。

*

飛雀とまり鶯や初気色
光雪 「大三物」

元信もいかに書かん初げしき
至 「安永四年歳旦」

神路山下りてあけぬ初景色
鶯竹里 「懸葵」

初山河一句を以つて打ち開く
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。