初富士(はつふじ) 新年

【解説】
元旦に初めて仰ぎ見る富士山のこと。晴れわたれば、東京はもとより遠方からでも望めるが、昔は江戸から望む富士を初富士といった。
【来歴】
『東都歳時記』(天保9年、1838年)に所出

*

神棚に代へて初富士拝むなり
乙字 「乙字句集」

初不二の雪を貢の日の出かな
千兵 「玉かつら」

天の原初富士の吹雪ながれやまず
渡辺水巴 「水巴句集」

初富士や崖の鵯どり谺して
川端茅舎 「川端茅舎句集」

雲四散して初富士の夕眺め
久米三汀 「返り花」

コメントは受け付けていません。