若水(わかみず、わかみづ) 新年

【子季語】
井華水、初水、福水、若井、井開、若水桶、若水汲
【解説】
元日の朝に汲む水のこと。年男や家の長が、恵方を拝んでから汲み上げる。手桶や柄杓は新しいものを使う。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
君がためみたらし川を若水にむすぶや千代の始めなるらん 源俊頼『千載集』
解け初むるはつ若水の氷にて春立つことのまづくまれぬる 西行『西行法師家集』
【実証的見解】
若水とはもともと、立春の日に主水司(もひとりのつかさ)が朝廷に奉った水をのことである。後に元朝に汲む井戸水を若水とし、それを神棚に供えた。若水は一年の邪気を除くと信じられ、神棚に供えた後、その水で煮炊きをして雑煮を作ったり、口を漱いだりした。

?*

若水に智恵の鏡を磨がうよや  
嵐雪 「戊辰歳旦帖」

若水に皺影笑ふあしたかな 
杉風 「杉風句集」

若水や冬は薬にむすびしを
野披 「三日之庵」

若水やおよそ玉川猪のかしら
白雄 「真蹟」

若水も隣の桶でしまひけり
一茶 「七番目記」

コメントは受け付けていません。