注連飾(しめかざり) 新年

【子季語】
注連縄、七五三縄、年縄、縄飾、飾藁、掛飾、大飾、輪飾、前垂注連、大根注連
【関連季語】
注連飾る、注連貰、飾納
【解説】
正月、門や玄関に張る縄。藁を左に縒り、先を垂らしたり輪形にするなど形はさまざま。昔は、伊勢海老や橙、昆布など縁起物を取り付けたが、最近では簡素なものが多く、車や船などにも掛ける。「注連飾る」は暮の季語。 
【来歴】
『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。【文学での言及】
天火照大御神、いよいよ奇しと思ほして、やや戸より出でて臨み坐す時に、その隠り立てりし天手力男神、その御手を取りて引き出す即ち、布刀玉命、しりくめ縄をそのみしりに控き度してまおししく、これより内にな還り入りそ、とまをしき 『古事記』
【実証的見解】
注連縄の起源は、天照大神が再び天の岩戸に入らないように、その入り口に張った「しりくめ縄」とされ、清められた神の領域を示し、魔除け、疫病除けの意味を持つ。注連縄には太い「大根注連」と比較的細い「牛蒡注連」があり、いずれも等間隔に幣をたらす。縄から藁を一面にたらした前垂注連が一般的で、藁を輪にして掛けるものは輪飾り、輪注連などという。

*

春立とわらはも知やかざり縄 
芭蕉 「藪香物」

神風や霞に帰るかざり藁
蕪村 「明和九年句稿」

二つ三つ藪にかけるやあまり七五三
一茶 「八番日記」

輪飾りや竈の上の昼淋し
河東碧梧桐 「明治俳句」

古鍬を研ぎすましたる飾かな 
村上鬼城 「定本鬼城句集」

仰ぎ見る大注連飾出雲さび
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。