雑煮(ぞうに、ざふに) 新年

zouni
【子季語】
雑煮祝ふ、雑煮餅、雑煮膳、雑煮椀、羹を祝ふ
【解説】
正月に餅を入れて食べる汁物をいう。一家の無病息災を願い、新年をを祝う。餅の形は地方や家によって異なる。主に関東、東国は切り餅、京阪、西国は丸餅にする。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【実証的見解】
古くは、元日は大晦日の夕方から始まるとされ、大晦日の夕方に神仏に供えた餅を、羹(あつもの)にしたのが雑煮の起源とされる。地方によって仕立て方はそれぞれ異なるが、関東では、焼いた切り餅をすまし汁仕立てにし、関西では丸餅を味噌仕立てにする。

脇差を横に廻して雑煮かな
許六 「犬註解」

雑煮ぞと引きおこされし旅寝かな
路通 「彼此集」

三椀の雑煮かゆるや長者ぶり
蕪村 「蕪村句集」

君が世や旅にしあれど笥の雑煮
一茶 「寛政句帖」

長病の今年も参る雑煮かな
正岡子規 「子規句集」

笹鳴を覗く子と待つ雑煮かな
渡辺水巴 「水巴句集」

大阪でひとつ歳とる雑煮かな
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。