若菜摘(わかなつみ) 新年

【子季語】
若菜摘む、若菜狩、若菜迎、初若菜、若菜舟、若菜籠
【関連季語】
子の日の遊び、七種
【解説】
一月七日の七種の菜を摘むこと。古くから正月はじめての子の日に若菜を摘む習慣があったが、後に、七種に合わせて一月六日の行事になった。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
【文学での言及】
明日よりは春菜採まむと標めし野に昨日も今日も雪降りつつ 山部赤人『万葉集』
国栖等が春菜採むらむ司馬の野のしましま君を思ふこのごろ 作者不詳『万葉集』
あづさゆみおして春雨今日降りぬ明日さへ降らば若菜摘みてむ よみ人しらず『古今集』
君がため春の野に出でて若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ 光孝天皇『古今集』
春日野の若菜摘みにや白妙の袖ふりはへて人のゆくらむ 紀貫之『古今集』

*

畠より頭巾よぶなり若菜つみ 
其角 「鳥の道」

ととははやす女は声若しなつみ歌
嵐雪 「虚栗」

山彦はよその事なりわかな摘
千代女 「千代尼句集」

若菜つみつみはる野にいでにけり
大江丸 「はいかい袋」

若菜つみ野になれそむる袂かな
樗良 「樗良発句集」

若菜舟一ふしあれや歌之助  
暁台 「暁台句集」

茜うら帯にはさんで若菜摘 
一茶 「亨和句帖」

堀川や顔見しりたるわかな摘
大祇 「句稿」

美しの湖上の虹や若菜摘む
鈴木花蓑 「花蓑句集」

コメントは受け付けていません。