獅子舞(ししまい、ししまひ) 新年

【子季語】
獅子頭
【解説】
正月の門付芸の一つ。家ゝを訪れてめでたい芸を披露し、新しい年の訪れを祝福する。獅子のかぶりものをした神楽の一種であり、一人で獅子頭をかぶって舞う一人立ちと、胴体に二人が入る二人立ちがある。
【実証的見解】
獅子舞は古代に中国から伝来し、十六世紀に、伊勢神宮で疫病を祓う神楽として始まった。その後、伊勢神宮の御師と呼ばれる神官が、獅子頭を携えて各地を回ったのが現在の獅子舞の始とされる。室町時代から江戸時代の初期のころ、江戸大神楽師、伊勢大神楽師と呼ばれる人々が獅子舞を踊りながら各地を回り、悪霊退散、招福を願った。獅子は古代中国で生まれた想像上の動物、悪霊を祓い幸福をもたらす霊獣である。

*

獅子舞や大口明けて梅の花
一茶 「七番日記」

この河は倉庫ばかりの獅子すぐる
久米三汀 「返り花」

獅子舞にひそと鎖しゐて夕餉かな
富田木歩 「定本木歩句集」

くたくたと獅子がへたばる獅子の宿
前田普羅 「前田普羅句集」

獅子舞や函谷関の彼方より
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。