初湯(はつゆ) 新年

【子季語】
初風呂、若風呂、若湯、湯殿初、初湯殿
【解説】
年が明けてはじめて風呂に入ること。正月一日は入らず、二日の昼間に入った。『江戸府内絵本風俗往来』(明治三十八年)によれば、「湯屋は七種まで、客に福茶を振る舞い、客は湯屋の主人や奉公人に年玉の銭を与えた」とある。
【来歴】
『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出

*

脱ぎかへて去年を今年や初湯殿
百中 「新類題発句集」

湯始の注連とらまへて立つ子かな
一茶 「希杖本発句集」

コメントは受け付けていません。