手毬(てまり) 新年

【子季語】
手鞠、手毬つく、手毬唄、手毬子
【解説】
正月遊びの一つ。色糸で美しく仕上げられた手毬を手に弾ませて遊ぶ。その時にうたうのが手毬唄。今では主に女の子の遊びと思われているが、古くは、正月二日の男子の行事であった。
【実証的見解】
『吾妻鏡』(鎌倉時代)に「正月二日、若君御方において、手鞠の御会あり」とある。

*

汁鍋に手鞠はね込む笑ひかな
成美 「発句題叢」

さゝがにの絲かけそふる手まり哉
成安 「綾錦」

鴛鴦の衾の裾に手鞠哉
松瀬青々 「妻木」

焼跡に遺る三和土や手毬つく
中村草田男 「来し方行方」

降りだして雪あたたかき手毬唄
加藤楸邨「怒濤」

弾みては毬てのひらを押し上ぐる
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。