破魔弓(はまゆみ) 新年

【子季語】
浜弓、破魔矢、浜矢
【解説】
初詣の際、寺社で分かたれる厄除けの弓をいう。矢もあって、そちらは破魔矢。セットでもとめる人もいる。 
【来歴】
『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。
【実証的見解】
宮中で正月に行われていた弓の儀式「射礼」に由来するといわれる。元々、縄で作った輪を射る子供の遊びがあり、輪を「はま」、弓を「はま弓」、矢を「はま矢」と言った。後、「はま」が「破魔」に通じるとして、男児の初正月の祝儀となった。弓は厄をを祓うもの、神社では年頭の参詣者に守りとして分つ。

*

はま弓や当時紅裏四天王
其角 「五元集拾遺」

破魔弓やそもそも須磨の物語
完来 「題葉集」

破魔弓と斧と並ぶや山の家
東明 「発句題叢」

破魔弓や大火焚く家の遠長押
午心 「発句類聚」

破魔弓を掛けて時めく主人かな
村上鬼城  「鬼城句集」

およそ天下に適ふものなき破魔矢かな
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。