初夢(はつゆめ) 新年

hatuyume
【子季語】
夢祝、夢流し、初枕、獏枕
【解説】
元日の夜または二日の朝にみる夢。二日の夜に見る夢を初夢という地方もある。縁起のよい初夢として「一富士二鷹三茄子」があるが、吉夢を願って宝船の絵を枕の下に置いて寝たり、悪い夢は「獏に食わせろ」ということから、獏の絵を枕の下にして寝たりする。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
【文学での言及】
年くれぬ春は来べしとは思ひ寝にまさしく見えてかなふ初夢 西行『山家集』

*
はつ夢や正しく去年の放し亀
言水 「柏崎」

初夢や額にあつる扇子より
其角 「五元集拾遺」

初夢やさめても花ははなごころ
千代女 「書簡」

はつ夢や鷹ふところにぬくめ鳥
蓼太 「蓼太句集三編」

口々に指折る人や夢はじめ
麦水 「葛箒」

初夢に古郷を見て涙かな
一茶 「寛政句帖」

初夢や金も拾はず死にもせず
夏目漱石 「漱石全集」

初夢もなく穿く足袋の裏白し
渡辺水巴 「水巴句集」

初夢に見し踊子をつつしめり
森澄雄 「浮鷗」

夢はじめ現(うつつ)はじめの鷹一つ
森澄雄 「浮鷗」

コメントは受け付けていません。