初詣(はつもうで、はつまうで) 新年

【子季語】
初参、初社、初祓、初御籤
【関連季語】
恵方詣
【解説】
新年のはじめに社寺へ参詣し、一年の息災を祈願すること。産土詣や恵方詣から始まった行事であるが、今では日ごろ信仰する社寺や著名な社寺に詣でることが多い。

*

初詣雪美事なる太鼓橋
鈴木花蓑 「大正新俳句」

御手洗の杓の柄青し初詣
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。