嫁が君(よめがきみ) 新年

【解説】
忌み言葉の一つで正月三が日の鼠の異称。家鼠は人の生活の近くに居り、食害などで嫌われる一方、大黒様の使いとされ、親しまれる動物である。正月には、「鼠の年取り」として米や餅や正月料理を少量供える地方もある。
【来歴】
『山の井』(正保5年、1648年)に所出

*

餅花やかざしにさせる嫁が君 
芭蕉 「境絹」

明くる夜もほのかに嬉しよめが君
其角 「七瀬川」

三日月を出て見るあとは嫁が君
乙二 「をのゝえ草稿」

ぬば玉の閨かいまみぬ嫁が君 
芝不器男 「芝不器男句集」

コメントは受け付けていません。